設立趣旨

 一般社団法人Future Center Alliance Japan(FCAJ)は、2012年にフューチャーセンター研究会として発足し、4年間にわたり官民含め約30の企業や組織とともに、フューチャーセンターをはじめとするイノベーションを創造する環境について研究してきました。

 価値観の多様化や社会課題の複雑化、テクノロジーの急速な発展などにともない、もはや企業や組織は単独でイノベーションを興すことが難しくなっている中、研究の域に留まらず実践を促すプラットフォームとするために2016年5月に一般社団法人となりました。

 FCAJは、企業や官庁、自治体、大学、NPO等がイノベーションを創出・加速するための「場」すなわちフューチャーセンター、イノベーションセンター、リビングラボ等のイノベーション加速支援環境の構築と活用に資するアライアンス組織として、これらに関わるイノベーションの方法論の研究と普及、実践の推進を目的とします。

法人概要

名称 一般社団法人Future Center Alliance Japan(略称:FCAJ)
代表 紺野登
設立 2016年5月16日
活動内容
  1. 研究会、研修会、ワークショップ等の企画、運営および管理
  2. イノベーションモデルの実践支援、コンサルティングサービス
  3. イノベーションテーマの調査および研究
  4. 啓発活動に係る講演、セミナー、出版物等の企画、運営および管理
  5. イノベーション加速支援環境の構築および連携等のプラットフォームサービスの企画、運営および管理
  6. 知的財産の管理、運用および利用
  7. その他上記目的を達するために必要な事業
定款 170220FCAJ定款