この規約は、フューチャーセンター(以下「FC」といいます)の関係者間の権利義務を定める標準的な利用規約です。FCの主催者は、この利用規約を利用する場合には、「FCAJ「フューチャーセンター」標準利用規約に準拠する」旨を明示してください。



第1条 FCの開催案内

主催者は、FCへのすべての参加案内において、つぎの事項を明記する。

  • 主催者の名称その他特定に必要な情報
  • FCのテーマおよび目的
  • 開催日時および場所
  • 参加資格(参加料を徴収する場合はその旨を含む)
  • 「FCAJ「フューチャーセンター」標準利用規約/に準拠する」旨の記載および特則事項

第2条 主催者の責任

 主催者は、FCの開催運営に関する費用負担および会場での運営管理について責任を負う。ただし、参加者から参加料を徴収することを妨げない。

第3条 参加者の責任

 参加者は、その所属団体が保有する秘密情報および個人情報を、その所属団体および当該個人の承諾なく、FC参加中に開示してはならない。

第4条 情報自由利用の原則

 FCの参加者および主催者は、参加案内に別段の定めがない限り、FCの過程で開示・生成された情報・意見(以下「FC知識資産」という)を、自由に使用(第三者に公表しまた第三者に使用させることを含む)することができる。なお、FC知識資産には、FCの過程で得られた仮説その他のアイデア、FCの過程で作成された著作物および主催者が事前に作成してFCに提供した資料を含む。

第5条 情報自由利用の例外

 前条の規定にかかわらず、FC知識資産であっても、以下のものは、いかなる第三者にも開示・漏洩してはならない。

  • 発言者の身元およびそれを識別できる情報
  • 情報提供者が秘密情報であることを明示して開示した情報

第6条 情報出典の表示

 FCの参加者および主催者は、第4条の定めに従って、FC知識資産を第三者に公表するには、当該FCを出典として表示するよう努める。なお、FCを出典として表示するには、すくなくとも①FCの名称または略称、②開催日、および③主催者の名称または略称を、出典マーク(ⓕ主催者名または略称「FCの名称または略称」開催日)にてまたは引用文中において、記載する。

第7条 情報利用の通知

 第4条の定めに従って、FC知識資産を使用する第三者は、当該FCの主催者に、当該FC知識資産を使用した事実を、また当該FC知識資産を他のFCに使用した場合にはその内容を、通知するよう努める。

第8条 産業財産権の帰属

 FC知識資産が産業財産権の対象となるときは、主催者または参加者はそれぞれ、自己の費用と名義にて、登録申請することができる。ただし、主催者または参加者もしくはその所属団体は、無償にて非独占的にこれを実施・使用することができる。

第9条 肖像権の保護

 参加者は、主催者が記録保存のために会場において活動内容を撮影し、内部検討のために使用することに同意する。主催者は、参加案内に明示する場合を除き、参加者の肖像を確認できる影像をHP、印刷物その他第三者に公表するものに利用するには、別途、参加者の同意を得なければならない。ただし、主催者が会場にて参加者に撮影に異議ある場合には申し出ることを求めた場合において、参加者が異議を申し出なかったときは、当該利用について参加者の同意があるものとみなす。
 また、参加者は、参加案内に明示する場合を除き、会場において撮影するには主催者の同意および写り込まれる他の参加者の同意を得なければならない。

第10条 利用規約の解釈

 主催者または参加者もしくはその所属団体は、その当事者間においてこの利用規約の解釈に関して疑義を生じたときは、いずれの当事者からも、FCAJによる裁定を求めることができる。

第11条 利用規約の解釈

 FCAJは、この利用規約を改定する場合には、その改定の効力発生の1か月以上前から、そのホームページに掲載して、予告する。

制定日 2018年5月14日
FCAJ理事会