定例会

【2018年度第9回テーマプログラム開催報告】
「未来の暮らしを豊かにするモビリティ」

2019年1月18日(金)、FCAJにとって初めての中部地方、名古屋開催となりました。
開催に向けて年初から準備をはじめてきた名古屋開催、当日は、中部エリアの企業や経済産業局などもご参加され、エコシステム形成への期待感に包まれました。

IMG_2730 IMG_2736
【FCAJ2018度 第9回定例会概要】
テーマ:未来の暮らしを豊かにするモビリティ~2050年に新たに提供する価値とは~
テーマオーナー:豊田通商株式会社

前半インプットステージでは、国際経済研究所の宮代氏、株式会社横浜国際平和会議場パシフィコ横浜の中山氏(FCAJ理事)、インキュビオン株式会社の高橋氏より、モビリティの未来の兆しについてご講演いただきました。

IMG_2739 IMG_2756 IMG_2744 IMG_2750
後半ワークアウトステージでは、モビリティから考える2050年の都市(生活)のエコシステムへ向けたワークアウトを行いました。
ワークアウトとは「今後の流れを方向付ける場」であり、「体験型講座」を意味するワークショップとは概念が異なります。

グループワークでは、生活者起点で構想するためにパタンランゲージを取り入れ、「コミュニティ・社会」レベル、「建物・ハード」レベル、「細部・空間」レベルの要素を組み合わせたプロトタイピングにチャレンジしました。

最後は、FCAJのこれまでのたくさんのワークのなかでも最大の大きさ、壁一面を使ったプレゼンテーションが行われました。

IMG_2777 IMG_2823 IMG_3099 IMG_3115

 

初めての試み続き、チャレンジングな名古屋開催となりました。
2019年、国内の更なるネットワークの充実を予感させます。

【Report (FCAJ事務局 BA Architect Office内原英理子)】