定例会

【2018年度第10回テーマプログラム開催報告】
オープンイノベーション時代の組織開発を考える経営デザイン

2019年2月14日(木)、東京都江東区、木材のまち木場にあるBRIDGE Fujikura Innovation Hubにて、今年度最終となるテーマプログラムが開催されました。

IMG_2965 IMG_2967 IMG_2970

【FCAJ2018年度 第10回定例会概要】
テーマ:オープンイノベーション時代の組織開発を考える経営デザイン
テーマオーナー:株式会社フジクラ、内閣府
今回は、前半にFCAJ目的工学研空所の安藤正行氏より、「目的工学」について解説いただき、ワークシートに沿って参加各位がそれぞれの自社の駆動目標について改めて考えるワークを行いました。

 

IMG_3004 IMG_3013 IMG_3014

後半は、内閣府官民FCとして「経営デザインシート※」を活用し、前半に「目的工学」の視点で考えた駆動目標に対して、実現のためにどのような組織開発/事業モデルが求められるかを考えていきました。

ゲストスピーカーとして、長く企業でオープンイノベーションを推進されてきた、松本 毅氏(ナインシグマ・アジアパシフィック(株) ヴァイスプレジデント)にお話しいただき、オープンイノベーションの実践者からのプラクティカルなお話を伺うこともできました。
どう考えるか?がますます問われる時代です。有効なツールを使うことで、複雑な現実から解決のための行動に繋がる一歩目、向かうべき未来が見えてくるようなツールでした。

内閣府HPから見ることができます。是非ご活用ください。
URL:https://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/keiei_design/index.html

【Report (FCAJ事務局 BA Architect Office内原英理子)】