定例会

【FCAJ2018第6回テーマプログラム開催報告】
先端的なサイエンスの知をいかにビジネスにするか

2018年10月22日(月)午後、東京市ヶ谷のJST(国立研究開発法人 科学技術振興機構)東京本部別館ホールにて、第6回テーマプログラムが行われました。
【FCAJ2018第6回定例会概要】

テーマ:トップサイエンス・イノベーションの構想 ?先端的なサイエンスの知をいかにビジネスにするか?
テーマオーナー:JST科学技術振興機構、富士フイルム(サポート)

IMG_1645
JST戦略的創造研究推進事業「ACCEL※」(http://www.jst.go.jp/kisoken/accel/about/index.html)で実施 中の研究開発課題について、担当のプログラムマネージャー(研究成果の事業化を図るために研究者とマンツ ーマンで併走する推進者)を交えて、10-15 年の未来志向でどんな事業(イノベーション)が創造できるかを 考えていきました。

インプットセッションとして、株式会社ヒューマノーム研究所代表取締役、株式会社リバネス取締役副社長CTOの井上浄博士より、研究者×起業家の観点からみた、基礎研究領域の市場化へのチャレンジについて、また富士フィルムのOpen Innovation Hub館長小島健嗣氏より、大企業でのオープンイノベーションの取り組みの紹介と、富士フィルムの事例から、今回の定例会のセッションでどのような未来思考(志向)を使うとよいかなどの示唆をいただきました。

日本では、科学技術立国といいながらも、市民と研究者の間に壁がありそうです。研究者の側からも、市民の側からも、よりよい未来を創っていくために協働すると、どんな可能性が広がるのか。どんな協働の仕方があるのか・・・
グループワークでは、具体的な技術に対するコアな議論をするのではなく、仮説を一緒に考えて、どうやったら使うと面白い未来に繋がるのか…といった方法論を考えていきました。

IMG_1715 IMG_1714 IMG_1702 IMG_1744 IMG_1708 IMG_1690 IMG_1671 IMG_1670

 

普段の仕事や生活の中では考えもしない先端技術は、どこかで自分の生活に繋がっていることを感じ、壁だと思っていたものが壁ではないことを思い知るような時間になりました。

【Report (FCAJ事務局 BA Architect Office内原英理子)】