イノベーションセンターは、自社の技術やリソースを
活用して、外部共創によるイノベーションを
推進する場です

 今までは各企業が自社内だけの企画、調査、計画を立て、社内承認を得て製造生産に入り、完成品として世の中に送り出し、その中の突出した価値を生む商品がイノベーションとして考えられていました。しかし、消費者の価値観が多様化し、社会課題が山積するなかでビジネスモデルや社会システムも含めたオープンイノベーションが求められています。イノベーションセンターは企業によって様々な形態がありますが、自社のリソース(技術、設備、人材、情報など)を活用しながら、外部や顧客(市民)と共創しながらイノベーションに資する調査や開発、プロトタイピング、実験などを行う場です。
 イノベーションセンターはこれまでのような技術展示と研究施設が分断されたような機能別の施設ではなく、顧客(市民)や外部パートナー、グローバルリソースとの協働作業がしやすい環境が整備されています。顧客理解を深めて新しいインサイトを見つけ、それをビジネスモデル化し、プロトタイプを作り、顧客を巻き込みながら市場テストを行っていくというリーンスタートアップ等のプロセスを実践する場がイノベーションセンターです。

イノベーションセンター
SAPラボ(シリコンバレー)